海をめぐる法と政治を考える

有史以来、世界には海をめぐる争いが絶えませんでした。
しかし17世紀初頭にグロティウスが「自由海論」を著して以来、20世紀における国連海洋法会議での成果に至るまで、次第に世界の海をめぐる法と政治の秩序が築かれてきました。
私達の教室ではまず、国際法・国際関係論についての基礎知識を深めると共に、人類がこれまで世界の海をめぐる争いをどのように解決してきたかについて学びます。
そして無限の可能性を秘める世界の海を、今後どのように治めていけばよいのかについて共に考えます。

担 当 教 員 授 業 科 目
大河内美香 ・国際関係論 ・国際関係論特論 ・海洋文化史
・海事法規 ・海洋法総論 ・海洋法特論 ・海洋政策実習