沿岸域の持続可能性を考える

沿岸域とは海岸線をはさんだ陸域・海域のある一定の幅をもつ範囲をさします。
沿岸域環境の特徴は、なんといっても水との深いかかわりにあります。
生命の起源であり、生存の基盤である水の陸―海―空の循環をとおして、沿岸域には生き物がたくさん暮らしています。
その利便性ゆえに、古来、人間活動がさかんな場です。これは、とりもなおさず、沿岸域がさまざまな問題が発生する可能性を内包した場であることを意味します。
陸域からのさまざまな汚染物質の流入、沿岸海洋における資源環境の濫用、沿岸都市・リゾート開発のために、多様で豊かなはずの沿岸生態系の劣化が世界各地で大きな問題となっています。
国内外の事例から、沿岸域の資源・環境の現状について学び、持続可能な利用のありかたについて考えます。

担 当 教 員 授 業 科 目
川辺 みどり ・地域環境論 ・地域政策論 ・海洋環境経済論